TOKYO

By SAMMY BLOUNT, translation by Chiaco TAMURA

 

When one thinks about Tokyo, music is certainly not the first that comes in mind. If you ask a random person in Europe, in America or even in Asia what this city evokes for them, you will probably get something like sumo, sushi, video games or ukiyo-e (this one is mostly me in fact…). Let me tell you, ladies and gentlemen, you are making a big mistake. Japan and more particularly Tokyo have a vibrant music scene covering almost all styles from jazz to reggae or electronic music. Tokyo has also inspired a lot of artists from around the world, because they were fascinated by this amazing city or just because they had the chance to play there. Of course, I am not going to write the story of Tokyoite music. I will just lead you through the few Tokyo related songs I know and like.

今日、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界各国の人々に、「東京とは?」と聞いてみたら、まず最初に彼らが思い浮かべるのは、相撲、ビデオゲーム、浮世絵などででも本当は、大きな間違いで、日本 特に東京では、ジャズやレゲエからエレクトロミュージックまで、ほとんど全てのスタイルを網羅し、活気あるミュージックシーンがあるってこと もしかしたら彼らは知らないのかもしれない。そして東京は、世界中から訪れたアーティスト達にインスピレーションを与え続け、魅了しているってことをね。今回 紹介していく音楽は、東京っ子達の音楽シーンではなく、東京に関連した僕の知っている好きな曲を、いくつか紹介していきたいと思うんだ。

 

Riot in Lagos – Ryuichi Sakamoto 

To start our musical journey around Tokyo, I wanted a song that sounds just like what I imagine a Japanese one would. Riot in Lagos is modern, classy and sophisticated, just like a Revver’s reader wandering through Harajuku. It actually feels like Kraftwerk with a bit of wasabi on the side. You’ll ask me how is the song connected to Tokyo? Well, simply Ryuichi Sakamoto was born in the Japanese capital. But it seems more than enough to make it a Tokyo anthem. Just listen to Riot in Lagos and you’ll literary get transported to the streets of Akihabara or Shinjuku.

Riot in Lagos – 坂本龍一
東京音楽の旅を始めるのに、まず 日本人アーティストの曲といえばこの曲。 坂本龍一の、Riot in Lagos。この曲は、モダンで上品、かつ洗練された曲。まるで原宿を散策している、Revver マガジンの読者かのようなのさ。まさに、この曲は、クラフトワークに少し”わさび”の様なスパイスを効かせた感じかな。えっ、この曲と東京がどう関係しているかって? 簡単にいうと、坂本龍一は東京生まれってこと。東京を語るにふさわしい人物だよ。まず、この Riot in Lagos を聴いてみて欲しいんだ。きっと、彼の音楽にのって、文学的な秋葉原もしくは原宿を感じることができるんじゃないかな。

 

21st Century Boy – Sigue Sigue Sputnik

Sigue Sigue Sputnik (SSS) is a musical phenomenon only the 80’s could have given us, a post-punk drag queenish futuristic UK band, mostly famous for their 1986 album Flaunt it. The whole album is full of references to Japan and its very advanced technology. The band members’ flashy and exuberant outfits just make you feel like they escaped from some post-apocalyptic manga. In particular, 21st Century Boy music video is a genuine four minutes of Tokyoite decadence. You have everything from the metallic tempo to the 80’s Sony or whoever cellphone and video camera or the fake blonde girl in shiny clothes. And, icing on the cake, all this is intersected by views of Tokyo, its skyscrapers, neon lights and traffic jam. If Riot in Lagos was the classy Tokyo, 21st Century Boy is Tokyo’s worst taste with an electronic twist. So, of course, there is no SSS on a Revver’s reader IPhone…Or maybe there is but they just don’t say.

21st Century Boy – Sigue Sigue Sputnik(ジグ・ジグ・スパトニック)
Sigue Sigue Sputnik (SSS) は、80年代に一大シーンをまき起こした、ポストパンク、ドラッグクウィーン フューチャーUKバンドで、主に1986年のアルバム”Flaunt it” で有名。アルバム全体は、その時代の日本と、最新技術を彷彿とさせる内容で、バンドメンバーの華やかで かつ豪華な衣装は、まるで漫画の世界から飛び出でて来たかのよう。
特に 21st Century Boy のミュージックビデオ は、洗練された東京っ子の本格的なビデオ。メタル系、80年代のソニー、その時代の携帯電話や、ビデオカメラ、金髪の女の子達、ラメラメな服装など、ケーキのアイシングデコレーションみたいに 東京の全ての背景や景色そのもの(超高層ビル、ネオン、交通渋滞)がこのアルバムの中で交差されているんだ。
もし Riot in Lagos がクラッシック東京だとしたら、21st Century Boy は、東京で最悪のエレクトロニクスバンドかもしれないね。もちろん Revverマガジンの読者の中にはSSSのような方は いらっしゃらないでしょうしもし仮にいたそしても、きっと黙ってるでしょうね。

 

Tokio Airport – Metal Boys

This song/album by Metal Boys (French punk band Metal Urbain with another name) was recorded in 1980. Like SSS, it sounds 80’s but more punk than pop. The guitars are rough, the beat sounds like a fake laser alarm twisted by a drunken recording engineer. It’s like a Parisian punk under LSD waking up in Haneda. Surely not the easiest song, but I chose it because a very peculiar person I knew gave an original copy of the record to me some years ago. He was a former radio DJ and producer and he introduced me to so much music, I had to mention this song.

Tokio Airport – Metal Boys(メタル・ボーイズ)
Metal Boys から、1980年に録音された この曲/アルバムは、80年代のSSSのようだけど、ポップというよりは、むしろパンクに近い音で、酔っ払いのレコードエンジニアによって創られたかのような。ギターは荒く、レーザー警報のようなビートサウンド。まるでLSDハイのパリっ子パンクが、羽田で叩き起こされたかのような。確かに心地よい曲ではないけどね。数年前 私の特別な友人、以前ラジオDJでプロデューサーでもあった彼から、たくさん曲を紹介してもらって、その中の一つのオリジナルレコードがこの曲なんだ。是非みんなにも聴いてもらいたいな。

 

Straight No Chaser, Monk in Tokyo – Thelonious Monk

Straight No Chaser is one of the greatest compositions of the mighty Thelonious Monk, the New York jazz pianist. Unlike the other songs I chose, this one has no obvious link with Tokyo. I just found a version recorded during a Tokyo concert, included on the Monk in Tokyo album. The performance took place on May 21st 1963 at the Sankei Hall. At the beginning of the tune, the first on the album, the crowd is shouting and applauding when the music starts. When I hear the audience on the record, I cannot help thinking these sounds have actually been made by Tokyoites. People who probably left their jobs (May 21st 1963 was a Tuesday) excited to go hear the Monk live. They probably wore their finest clothes that night. Was it English suits for the men and Parisian dress for the women? Or something more Japanese, like some kind of jazzy kimono? I can only imagine. They probably stopped for a drink on the way to the show. I am sure they had a Manhattan. You can only have a Manhattan the night you go to hear Monk. No sake, no beer or anything else… Then they shouted for a few second and stopped to enjoy the music. When they went back home later that night, their heads was filled with music and groove from the Monk himself. Not bad if I may. For sure it must have been a great day to be a Tokyoite!

Straight No Chaser, Monk in Tokyo – Thelonious Monk(セロニアス・モンク)

Straight No Chaser は、ニューヨークが生んだ、素晴らしいジャズピアニスト Thelonious Monk (セロニアス・モンク) の最高傑作の一つ。この曲は、今回僕が選んだ他の曲とは異なり、東京とは全くリンクしていないんだけどちょうど見つけたのが、この Monk in Tokyo というアルバムで 東京でのコンサートで収録された
Straight No Chaser。1963年5月21日 サンケーホールで行われたものなんだ。このアルバムの曲が始まると、群衆は感極まった叫び声と拍手の渦だったんだよ。
僕がこのレコードの観客の喝采を聴いた時、まさかこれが東京っ子の喝采?! と信じられなかったくらいだったよ。1963年5月21日火曜日 人々はモンクのライブへ行くのに きっと興奮して仕事場を後にしたに違いない。そして、その夜は最高級の装いで。男性はスーツで、女性はパリジャンのドレスでおめかしして。 それとも、何か和風なものかな。例えば ジャジーな着物か何か。彼らはコンサートへ行く途中、一杯ひっかけてから行ったに違いないよ。それもマンハッタンをね。モンクを聴きに行くときは、マンハッタンって決まってるんだ。日本酒でもなく ビールでもなく 他のどの酒でもなくね。そして、コンサート会場では、絶叫し、またモンクに耳を傾ける。彼らが夜遅くに帰宅した後、きっと彼らの頭の中は、モンクのサウンドとグルーブが広がっていたままだったに違いない。悪くないね。もし僕が 東京っ子だったとしたら、その日は最高の1日になったに違いないよ。