Interview by SANZA BULAYA, translation by PIPI

 

8:13am

SB: I wake up in the apartment we rent in Ginza… My alarm was set at 8:00am but I guess I didn’t hear it. I open my eyes and I see Jolin preparing herself in the living room. I turn my head and I see Guillaume still asleep enjoying the last minutes of a recovery sleep. Stephane is in the other room, checking his phone…

8:13

銀座で借りているマンションで起きた…アラームは8時に設定されていたのに聞こえなかったみたい。眼を覚まして、リビングでジョリンが出かける準備をしている。振り向くとギーヨメが最後な数分の睡眠を楽しんでいるのが見える。ステファンは別の部屋にいて、携帯をいじっている。

 

8:17am

SB: It’s time to get up because it takes a while to go to Shibuya from Ginza, and today we have an appointment at 9:00am with Yuki and his friend: Masaki Shimizu.

8:17

起きないといけない。銀座から渋谷まで時間かかるし、9時に予定が入っている:Yuki と彼の友達Masaki Shimizuに会う。

 

8:36am

SB: I receive a message from Yuki: “I’ll be late”. Thanks God! No need to rush, my Tuesday morning in Tokyo will be slow and I like it.

8:36

Yukiから「遅れる」とメッセージが来た。よかった、急がなくていい。この東京の火曜の朝がゆっくりと流れていくのが好きだ。

 

9:45am

SB: We arrive at Shibuya station and Yuki is smoking a cigarette waiting for us. Just besides him there is another man, a dandy silhouette with a soft face: Masaki Shimizu.

朝9:45

渋谷駅に着いた時にYukiはタバコを吸いながら待っている。彼の隣にはもう一人の男の人がいて、洒落た感じで柔らかい顔立ちだ:Masaki Shimizu.

9:56am

SB: We randomly picked a coffee place in Shibuya. Everybody needs some caffeine to start the day, so we enter in the first coffee place to sit-down and to be warmed-up by a good coffee. Yuki is seated next to me and Masaki Shimizu is almost in front of me. Yuki and Masaki are speaking in Japanese: it’s almost like they are whispering. I feel a lot of humbleness from Masaki. We sit by the window and the sun is already shining. The natural light is all over the corner where we are. This is a perfect setting for some pictures. Stephane and Jolin start to take some footage and some photos.

9:56

渋谷にあるカフェを適当に選んだ。一日のはじめにカフェインは必要だから、私たちはさっそく座れて美味いコーヒーで温まれるカフェに入った。私の隣にYukiが座って、Masaki Shimizuが向かい側に。二人とも日本語でしゃべっているというか、ささやいている。かなりMasakiさんの謙虚さが感じられる。窓の隣に座っていて太陽はすでに輝いている。自然な光が私たちがいる部屋の角を満たす。写真を撮るのに完璧なセッティングだ。ステファンとジョリンはもう撮り始めている。

 

10:01am

SB: Masaki and Yuki order some coffees and I order a soymilk. I try to cover my French accent and I start to talk to my guest: Masaki Shimizu…

10:01

SB: MasakiとYukiはコーヒを頼んで、私は豆乳にした。フランス語の訛りを隠そうとしながら、Masaki Shimizuに話しかける。

 

10:02am

MS: My name is Masaki Shimizu, I’m a jewelry designer…

10:02

Masaki Shimizuと言います。ジュエリーデザイナーです。

10:03am

MS: I design jewelry pieces based on my Art inspiration. I would like to show you my latest big project (Masaki opens his bag and take out his portfolio book – about turning life into Art)

MS: This is called “Egg Paradise”. I made this art piece with some quail eggs as my main raw material. I thought that the size of those quail eggs is really interesting to be turned into jewelry pieces such as a necklace, so it can serve a good functional purpose together with style and fine design. However, the most important is not only the functional purpose but also the inspiration behind the design… I started to make these arts pieces two years ago based on nature & life principles: eggs bring life, so this is the nature law. The shape of an egg is designed in a way that it makes the “shell” very resistant to protect life and to help developing life. It’s very inspiring to use this nature metaphor to give birth to my art ideas. Therefore, I combined traditional Japanese lacquer drawing on eggs that I assembled together to create a jewelry set for women. I create these jewelry art pieces with quail eggs but also with ostrich, chicken and emu eggs…

 

10:03

MS: アートのインスピレーションによってジュエリー作品をデザインしています。最近の大きいプロジェクトを見せたいと思います。

カバンからポートフォリオを取り出した、生活はアートとなるという本。

MS: この作品は“Egg Paradise” と言い、主な材料はウズラの卵です。ウズラの卵の大きさがちょうどいいサイズで、ネックレスとかのジュエリー作品にすれば本当に面白いと思っていて、スタイルやデザイン性とともに実用性もあるものになれます。しかし、実用性より大事なのはこのデザインのインスピレーションです。2年前にこういう自然と生命の原理に基づいているアート作品を作り始めて、卵は命を生むので、自然の法則です。卵の形は、殻という命を守って生き物の成長を助ける耐久力の強いものという意味でデザインされてます。自然の例えからアートのアイデアが生まれてくるのがとても感激です。だから伝統的な日本の漆で卵に描いて、それを組み合わせて女性のジュエリーセットを作りました。こういうジュエリーアート作品をウズラの卵で作ったんですけど、ダチョウ、鶏やエミューなどの卵でも作れます。

 

10:15am

SB: From my research, I red in Vogue Magazine: Masaki considers the shape of an egg to be very functional and beautiful, reminding about the beginning of the world. This led to the challenge of using actual eggs shells to produce jewelry pieces, which are tiny pieces of handcrafted art. Inside each shell he is giving us his personal idea of Utopia, inspired by baroque architecture, Gustav Klimt and Kintsugi, the Japanese art of repairing broken pottery using lacquer dusted or mixed with powdered gold, silver or platinum (at the same time philosophically treating breakage as part of the history of an object).”

Basically, what you do is a multimedia art project because you mix sculpture, jewelry, and art…

MS: Indeed, I like to bring together different technics and inspirations to give birth to my vision of aesthetics.

10:15

SB: 自分の研究でヴォーグ雑誌を読んだんですが、このように書かれていました: Masakiさんは卵がとても実用的で美しく、世界の始まりを思い起こさせると考えている。それで本物の卵を使ってジュエリーの作品小さな手工業の作品を作ることに挑戦した。それぞれの殻の中は彼自身が考えるユートピアのアイディアが詰まっている。それはバロック建築やクリムトや金継ぎ日本の修理技術で漆の粉や金粉、銀粉、白金の粉を使って壊れた陶器を補修する(と同時に破損は物の歴史の一部であるという哲学的な捉え方がある)などである。

実際に行っているのは、_彫刻、ジュエリー、アートを混ぜた、マルチメディアのアートプロジェクトですよね?

MS: そうですね。色んなインスピレーションと技術との取り合わせで自分のエステティックヴィジョンを生みだすのが楽しいです。

 

10:18am

SB: What’s art for you?

MS: I think it depends on the time period. I mean, right now art is to make people happy, art is about providing to people some positive feelings about “aesthetics” and “beauty”. I have the feeling that artists try to please art lovers’ expectations more. However, in the past it was a different approach. I sense that before it was more about defining “beauty” as such. There was no aspiration to provide positive emotions for an art piece. In a way, the definition of art has changed overtime so as the definition of an artist. For example, when you take Pablo Picasso or Marcel Duchamp, we realized that art/artist as a concept that has changed because some people choose or use art to convey life reality perceptions in different manners. To me, art is to change the viewpoint of the people or the audience. This is not necessarily to create something “new”. Bringing a new viewpoint from the artist: this is art. I respect those people who do not compromise with people’s expectations, but focus more to deliver originality, novelty by adopting or developing new “view points”.

10:18

SB: アートとは何だと思いますか?

MS: それは時代によると思います。というか、今だとアートは人を喜ばせるもので、アートは「美」と「エステティック」とのことに関してのポジティブな気持ちを提供するものではないでしょうか。それで、アーティストはアートを鑑賞する人たちの期待に応えるようなものを作ろうとすると思います。しかし、昔は違うアプローチがあって、以前は「美」というものを定義することの方がアートだという感覚がありました。アート作品を通して楽観的な感情を与えたいという強い願望はべつになかったんです。ある意味で、アートという定義とが時代とともにかわってきて、そしてアーティストという定義も変わってきたんです。例えば、パブロ・ピカソ、またはマルセル・デゥシャンを考えたら、アート/アーティストという概念が変わったということは、何人かが異なった方法を選んだり使ったりして、現実の知覚をアートを通して伝えていることからわかります。私にとっては、アートは人々やオーディエンスの視点を変えるためのものです。かならずしも「新しい」ものをつくるということではなく、アーティストから新しい視点を持ってくるということ、それがアートです。私は、人の期待によって妥協することをせず、より独創的で斬新なものにするために新しい「視点」を取り入れたり発展させたりする人たちを尊敬します。

 

10:32am

SB: In the future, how do you see the evolution of art making?

MS: I guess there will be more and more creativity from young artists, which will bring more diversity in terms of viewpoints.

10:32

SB: 将来、アート創作はどう進化をすると思いますか?

MS: 若いアーティストからの創造力はますます多くなって、視点の多様性が増えてくると思います。

 

10:33am

SB: How about jewelry? How that industry is going to evolve?

MS: At the moment in fine jewelry design, big brands are dominating the industry but I foresee some changes with the emergence of new comers. I mean, being a big brands is for sure a great competitive advantage, but there is still some room from ordinary people to grow their inspirations and their talents in design. In the future, more and more emerging designers will knock the door to express their art viewpoints in jewelry. This is exciting, so I look forward to see that coming. Creativity will be the dynamics that will keep the industry moving forward.

10:33

SB: ジュエリーは?その産業はどう発展してくると思いますか?

MS: 今はジュエリーデザインでは、大きなブランド産業を支配していますが、新参者の出現によっては色々変わってくると予測しています。ということは、大きいブランドだと競争において確実に優位ではありますが、一般人にはまだデザインにおけるインスピレーションや才能を発展させる可能性があります。将来は新進のデザイナーがどんどん増えてきて、自分たちのジュエリーにおけるアートの視点を表現しに門を叩いてきます。それは楽しいし(わくわくするし)、これからの波を期待しています。創造力がこの産業が発展し続ける原動力であるでしょう。

 

10:35am

SB: What’s next for you in terms of design and inspirations?

MS: I’m working on new inspirations and projects. One of them is to do something around fish fins. Fins are one of the most distinctive features of a fish, so the idea is to make some art pieces with fins as the main source of inspirations…

10:35

SB: デザインやインスピレーションのことで、この先はどの方向に向かっていますか?

MS: 最近は新しいインスピレーションもプロジェクトの作業をしています。一つは魚のヒレに関するものです。ヒレは魚が持つ特徴的なもので、ヒレをインスピレーションの主要元としたアート作品を作ろうと思っています。

 

10:39am

SB: Where are you from?

MS: I’m from Chiba. Chiba is a Japanese city close to Tokyo. Smaller, quieter… Different than Tokyo… Actually, my studio is there so this is in Chiba where I work and materialized my artwork.

10:39

SB: ご出身はどちらですか?

MS: 出身は千葉です。東京に近い街ですね。でも東京よりも小さくて、静かです。実は自分のスタジオが千葉にあるので、そこで働いたり、作品を制作したりしています。

 

10:42am

SB: Tokyo?

MS: Tokyo is huge city. So like every big city, it’s more hectic and crowded. I come to Tokyo sometimes, mainly for meetings, to see some art galleries or to check exhibitions. I like it this way, because I like to be in Chiba: it’s more my style, my personality. The art scene is not comparable with Tokyo one, the capital has definitely a more vibrant art stage but it’s better for me to live and work in Chiba. Tokyo has definitely brought a lot to Japanese art & culture. I think Tokyo art is still growing and I’m glad to be able to see that from Chiba. When I need to get closer, I just come in town…

10:42

SB: 東京は?

MS: 東京はとても大きい街で、すべての大都市と同じように、慌ただしくて混雑しています。東京には時々来ていて、主にミーティングをしたりギャラリーや展示を見るために来ています。千葉にいるのが好きなので、こういう感じが好きですね。自分のスタイルや性格に合っている。千葉のアートシーンは東京との比べ物にならなくて、もちろん東京にはもっと活気のあるアート環境があるけど、個人的には千葉に住んで、仕事するほうがいいですね。東京は日本のアートとカルチャーに絶対に大きい影響を与えています。東京のアートというものはまだ成長しているし、それは千葉から見ることができてよかったと思います。もっと近づかないといけないときは、ただ東京に行くだけです。