Art Curator Japan introduces in this Revver issue a Japanese artist who has worked in recent years about “Tokyo” as an inspirational theme.

Fuh-mi is a calligrapher seeking ways to present traditional calligraphy in its utmost contemporary expression. She has been challenging new directions like “street calligraphy” or “vertical alphabet calligraphy” and has also worked in collaboration with Western poets like Martin Rock. Another project of hers is called the “Pure Portrait Project”. In short, Japanese social norms have created a dichotomy in its people’s mind and personality, characterized by the concept of honne versus tatemae. Honne (本音) describes a person’s feelings, opinions, personality. On the other hand, tatemae (建前) describes what the person must reveal about her/his opinions or feelings in front of the other members of the society and depending on the hierarchical relationships that exist between them. To state the obvious, tatemae is most often in contradiction with honne, leaving that person the choice to constantly suppress her/his real feelings or to speak them out loud, risking to be ostracized by the others. This dichotomy generates a huge amount of stress, especially at the workplace where honne is abhorred. Employees are expected to behave extremely nicely in every circumstance towards their customers and their hierarchy, and that emotional burden has led many people to contemplate the relieving idea of taking their own life. Indeed, the Japanese society norms instill despair into people’s heart.

As most Japanese people, Fuh-mi has suffered all her life from that. She then decided to go and meet people and pushed them to express their hidden honne, their true self. With the “Pure Portrait Project”, she chose to photograph ordinary people. A session with one person consists in small guileless talk while shooting portraits. At first, as expected from a Japanese person, tatemae drives the conversation, but Fuh-mi slowly tries to let the model’s honne to surface. When the moment feels right, she asks them to depict their true honne through a word or a short sentence. One may describe himself/herself as “funny” while someone else would think about himself/herself “suspicious” or “hateful”. One may say: “I’m drunk all the time!”… Fuh-mi transposes their honne into calligraphies, brushed directly on the person’s portrait. The brush frees their soul through the ink: the “calligraphied” honne covers the person’s face, their tatemae; it outshines the mask they must wear everyday to protect themselves from the pressure of the Japanese society.

For this issue of Revver issue, Fuh-mi proposes the portraits of a martial art master and an armor artisan. Since the magazine is also published in Taiwan, she also decided to invite a young Taiwanese woman to participate in the project. Of course, we cannot contemplate in this particular case the honne/tatemae dichotomy, but the shooting session did brought some more inner sides of Amanda’s personality to the fore…

アート・キュレーター・ジャパンは、今回「東京」をフィーチャーした『Revver』のために、東京に関連の深い日本人アーティストを紹介したい。

不美は、コンテンポラリーアートにおける書の可能性、新たな表現を模索している書家である。これまで、ストリートアートにインスパイアされた「ストリート・カリグラフィ」や、アルファベットをかな文字の連綿を模して縦書きにした「アルファベット縦書」、また気鋭の米国人詩人マーティン・ロックとのコラボレーション等、常に新しいスタイルに挑戦してきたが、彼女がそのキャリアの初めから続けてきたプロジェクトが「PURE PORTRAIT PROJECT」である。「本音」と「建前」のある日本社会では、素直に自分をさらけ出すことが難しい。特に職場では、上司や顧客に対して、常に礼儀正しく、自分の感情を殺して「建前」で接することを強いられる。職場で自分の「本音」を晒すことは、時として周囲から排斥される危険さえ孕んでいる。多くの日本人にとって「本音」と「建前」を使い分けることは、円滑な日常生活に欠かせないものであるが、その二つがあまりに乖離している場合、それが深刻な精神的ストレスとなり、多くの人が自殺を考える原因にもなっている。日本社会、特に会社員としての生活は、心が何かを希求することを徐々に諦めさせるような閉塞感を伴うことがままあるのだ。

多くの日本人と同様に、不美も日本社会の抑圧に息苦しい思いをしてきた一人であるが、彼女はいつしか、自分を守るために自分自身を見せない人々、朝から疲れきった顔をして満員電車に揺られる会社員たち、そうした普通の人々の本当の姿を見たいと思うようになった。「PURE PORTRAIT PROJECT」では、不美は一般の人々の写真を撮る。撮影は他愛のない会話を交わしながら行われる。初めは「建前」で話しているモデルが、徐々に心を開き、「本音」を語るようになるまで会話を重ね、「本音」が十分に引き出された時、彼女はモデルに彼ら自身を表現する言葉(あるいは短いフレーズ)を尋ねる。ある人は自分を「剽軽」と言い、またある人は「疑い深い」とか「不愉快」と表現するかもしれない。時には「いつも酔っ払ってる!」と言う人もいるだろう。不美は彼らのポートレートと向き合いながら、彼らの「本音」を彼女なりに解釈し、ポートレートの上に文字を書き付ける。筆が彼らの魂を解き放つ…。彼らの顔(建前)の上に、墨で描かれた彼らの「本音」が浮かび上がる。そうして書とポートレートが合わさって作品となるとき、彼らの真の姿がそこに現れている。

『Revver』のために、不美は今回3つの作品を用意した。モデルとなったのは日本人武道家と防具職人。そして『Revver』が台湾の雑誌であるから、台湾人女性もモデルに起用している。台湾人のアマンダのポートレートは「本音」と「建前」のフォーミュラからは外れるが、作品を作るプロセスの中で、彼女の意外な内面が引き出された結果となった。