A WALKING TOUR IN TOKYO

By SAMMY BLOUNT, translation by PIPI

 

I have been to Tokyo only once in my life. It was a few years ago. I spend just a couple of days there, maybe three. I mostly remember two things. First, before leaving Taipei, where I was living at the time, I was very anxious and scared about the idea of founding myself alone in the biggest city in the world. Don’t ask me why I felt this way. It is surely strange. I come from a big city, I am not afraid to travel to places I don’t know and I am very curious about Japan generally speaking. But no matter what I tried, I was not feeling relaxed and calm.

東京には一度しか行ったことがなくて、数年前に三日ほど滞在していたかな。印象に残っているのは二つだけだった。それは、当時住んでいた台北から出る前、すごく緊張していて、世界一大きい都市に自分一人でいると考えるととても不安で怖かったってこと。なぜだかわからないけど、とても変な気持ちだった。もともとは大都会に住んでいたし、行ったことのない場所へ旅するのを怖いとも思わないし、日本にとても興味があるのに、とにかく何をやろうとしてもぜんぜん落ち着かなかった。

Then I arrived in Tokyo and my gosh, it was so good! I actually arrived on a Saturday night in Shinjuku. Boom! I took it all in my face at once! The light, the girls, the clothes, the food! From this moment on, I felt not only relaxed, but I also had some of the best days in my whole life. The second thing I remember about Tokyo is walking through the city. I usually like to walk and even in Paris or Rome, the best cities in the world to use your shoes, I had never paced the streets up and down like that. I wanted to go everywhere. I just had no goal. I was just wondering through the street happy to feel the air and to see the people of this vibrant city.

やっと東京に着いたときは、やばい、最高!と思ったよ。土曜日の夜に新宿に行ったらもう、BOOM! ネオンや、女の子たち、服装、食べ物、それら全部が一気に自分の目に飛び込んできた。この瞬間からは、落ち着いてきたというわけではなかったけど、一生で一番楽しい日の一日だったなと思う。もう一つ印象深かったのは、東京で散歩したこと。私は普段、パリやローマみたいに散歩するのに向いている街で散歩をするのが好きで、東京の平坦でない道を歩くのは初めてだった。どこへでも行ってみたくて、別に目的はなかった。ただ街を彷徨って、空気を感じたり、この活気あふれる街の人々を眺めたりするのがとっても楽しかったな。

Why am I telling you this? Simply because for this Revver issue about Tokyo, I want to talk about cinema the same way. I don’t want to make a point letting you understand something or anything like that. I just want to take a walk with you through Tokyoite and Japanese seventh art.

なぜこんな話をするのかって?単に今期のテーマを東京にしたレッヴァー(雑誌)のために、こんな風に映画の話をしたいと思ってさ。主張したいこととか理解させたいことは別にない。ただ、東京の映画と日本の映画を通して、一緒に歩きたいなと思うだけ。

Seven Samurai is the first Japanese cinema memory I have. My mother showed it to me on an old VCR when I was a kid. This Akira Kurosawa masterpiece is probably one of the most famous Japanese pictures. I did not kept much of it at the time. I was probably too young. But a seed was planted, which later grew into hours and hours of me starring at samurai and yakuza on theatre screens.

子供の頃、母に『七人の侍』を古いヴィデオデッキで見せてもらったのがはじめて観た日本の映画の記憶。黒澤明の名作で、有名な日本の映画のひとつだ。若かったせいで、はじめて観た時の印象はあまり残っていないけど、だんだん日本の映画のとりこになっていてそれ以来、何時間も映画館で侍やヤクザを観ていたよ。

I really started to watch Japanese films when I was a teenager. Among all the films I saw back then, Takshi Kitano’s Kikujiro is probably the one I remember as the most pleasant. The movie felt like unexpected encounter of these two characters, the Tokyo kid looking for his mother and his yakuza friend. They don’t match, but still it works fine. I have not seen the film since these days, but when I think of it, it still feels like a distant and amusing memory.

日本の映画をもっと観るようになったのは十代の時だった。何本もの映画を観た結果、一番気に入ったのは確か北野武の『菊次郎の夏』。その映画は母親を探している東京の子どもと彼のヤクザ友達の予想外な出会いの物語で、まったく違う二人がうまくマッチしているんだよ。最近は改めて見ていないけど、思い出すと、遠い昔の面白かった思い出としてよみがえってくる。

Then for a few years or so, I stopped watching Japanese films. I was too busy travelling through Cinecitta productions. But cinema is round, like earth. If you walk in a given direction long enough, you’ll get back to where you started. In other words, Italian cinema made me discover exploitation movies, from western spaghetti to cheesy erotic comedies or poliziesco(日本語はないみたい). And from there I started to get curious about Japanese exploitation cinema. Of course, the queen of bis in Japan is a beautiful Tokyo girl called Meiko Kaji. I am sure every Revver reader knows her without knowing it. Yes, you remember the fight scene between Uma Thurman and Lucy Liu in Kill Bill 1… and the music on the back. Right, it is Meiko Kaji’s voice. The song is actually coming from one of her most famous work, Lady Snowblood. In the film, Meiko Kaji plays a young girl who learns sword fighting to revenge her father’s murder. Quite classic, but the Meiko touch is unique.

その後の数年間は日本の映画をほとんど見なくなっていたなぁ。チネチッタ映画(イタリアの映画)を見ることで精一杯だった。でも映画は地球と同じように丸いから、ある方向へずっと進めば、結果としては出発地に戻る。そんなふうにイタリアの映画のおかげで、エクスプロイテーション映画を初めて見て、そしてマカロニ・ウエスタンから陳腐なエロコメディ、ポリシエスコ映画などを見るようになったよ。それからは日本のエクスプロイテーション映画にも興味を持つようになった。もちろん、日本におけるその女王は梶芽衣子という東京の女の子だ。レッヴァーの読者みんなはわかっているだろう。『キル・ビル Vol. 1』の中のウマ・サーマンとルーシー・リューとの乱闘場面で、そのBGMはそう、梶芽衣子の声。その曲は彼女の名作である『修羅雪姫』からの歌だ。その映画では、梶芽衣子が扮する若い女性が殺された父親の復讐をするために刀の使い方を習って…というありそうな物語なんだけど、芽衣子のスタイルは独特なんだよね。

I love exploitation pictures, but at some point they can get slightly repetitive. So long Meiko! And I came back to more mainstream movies, from classics to yakuza or even foreign films on Japan. At this point, I guess our walk is taking us to Tokyo itself.

エクスプロイテーション映画が大好きなんだけど、何回も観るとつまらなくなるから、芽衣子さんさようなら!メインストリームの方へ戻ってくると、やっぱり古典的な映画からヤクザの映画、または日本で撮影した海外の映画を観ていた。ここまで歩いてきて、私たちは東京へ戻ってきたね。

Let’s begin with Akira Kurosawa’s Drunken Angel from 1948, probably one of his best films. The story focuses an alcoholic doctor trying to heal a young yakuza suffering from tuberculosis in a poor neighbourhood of Tokyo just after the war. For the first time, a film is set in yakuza world, but it is not a gangster movie at all. Kurosawa rather shows us the difficulties of post-war Tokyo, from diseases to crime and poverty. The story ends on a hopeful note, as a sign that better days shall come (and they came, didn’t they?).

じゃあ黒澤明の名作の『酔いどれ天使』(1948年)から始めよう。この物語は戦後の東京の貧しい町で、アルコール中毒の医者が結核にかかっている若いヤクザを癒そうとする話。この映画で初めてヤクザの世界が描かれたんだけど、不良を描いた映画ではない。むしろ黒澤が伝えているのは戦後の東京の、その時期の病気や犯罪、貧困とかによる生き辛さなんだ。そして物語は、今よりもいい未来が来るというようなポジティブなかんじで終わる。

Closer to us, I would like to mention Takashi Miike’s Shinjuku Triad Society. I like this movie because some of the scenes have been shot in Taiwan. Shinjuku Triad Society, obviously set in the famous Tokyo neighborhood, is the first part of Black triad trilogy. Like most of Miike’s works, it can get pretty violent and twisted. Take Homosexual yakuza, a corrupt cop, his lawyer brother, more yakuza and a slice of Formosa, mix well and you’ll get a good taste of Miike’s cinema.

もっと身近な映画だと、三池崇史の『新宿黒社会 チャイナ マフィア戦争』について言っておきたい。台湾でも撮影されていたし好きな映画。『新宿黒社会 チャイナ マフィア戦争』は、まさにその有名な町が背景で、『新宿黒社会』の三部作の第一部。三池の他の作品と同じように、かなり暴力的でひねくれている。同性愛のヤクザ、腐敗した警察、彼の弁護士の兄弟、またヤクザ、そして台湾の背景も含めて混ぜると、三池のシネマがだいたいわかるんじゃないかな。

Now how about considering a foreign film on Tokyo… Lost in translation? No I am kidding, not in Revver. Let’s get something slightly more exciting. Gaspard Noe’s Enter the Void is like every one of his pictures, a cinematographic UFO (you know what I mean if you saw Irreversible or I Stand Alone…). Expect this time the UFO just landed in Tokyo. The story is simple. I young drug addict lives in Tokyo with his sister. At the very beginning of the movie he gets killed by the police in a bar while dealing drug. At this point, his soul leaves his body and starts to flight above the livings, remembering his promise never to leave his sister and looking for a body to reincarnate into.

そしたら東京で撮影した海外の映画といえば、『ロスト・イン・トランスレーション』かな?いや、それは違うでしょう。レッヴァーに載せるならもっと面白い映画がいい。『エンター・ザ・ボイド』は、ギャスパー・ノエ監督のほかの作品と同じように映画のUFOみたいなもの(『アレックス』か『カノン』を観たことあればわかるかもしれない)。ただ今回はそのUFOが東京に着陸した。物語は簡単。若い薬物中毒者は妹と一緒に東京で住んでいる。映画の最初で主人公はバーでドラッグを売っているところを警察に殺され、魂が体から離れる。妹を一人にしないという約束を守りながら、再び生まれ変わるための肉体を探すために、幽霊となってさまよっているんだ。

I guess after this hint of French cinema, I will have to continue the journey on my own. Hope you enjoyed the ride and discovered films you would have never known otherwise. Luckily for me, while preparing this article and thanks to my hard work (and Google, YouTube and Wikipedia…), I have just added some my own list. And who knows, some Tokyo cinema may just be playing them these days…

このフランスの映画からヒントを得るとすれば、ここからは一人で歩かないといけないみたい。読者のみなさんもこの旅を楽しめて、見たことのない映画を発見できていたらいいなと思う。幸運にも私はこの記事を書くために熱心に研究したおかげで(そしてGoogle、YouTube、Wikipediaにもかなりお世話になった)、まだ観たことのない映画にもいくつか出会った。もしかしたら東京でも上映されているかもね。